プロミス審査EXP

審査

個人事業主はプロミス審査に通る?苦しい資金繰りから脱却する方法

個人事業主がプロミスに申込むときは、個人事業主向けのサービス「自営者カードローン」を選ぶことになります。

一般的なフリーキャッシングでは、事業性資金としてお金を使うことが禁止されていますが、自営者カードローンなら事業のために借入れすることも可能です。

フリーキャッシングと自営者カードローンの違いについても理解できますので、ここでしっかりと個人事業主のキャッシングについて理解を深めてください。

個人事業主はキャッシングが難しい!?

個人事業主は、キャッシングが難しいといわれていますが、個人事業主だからということではありません

収入が安定していて、一定以上の年収があれば、融資が認められることも多くなります。

ただし、一般のキャッシングは事業性資金を目的に使えないので注意が必要になります。

事業資金と生活資金が不明確なことが多い

個人事業主の場合は、キャッシングを認めてしまうと、生活資金に使うのか事業目的に使うのかの把握が難しくなります

そのため、実店舗で物販をしている個人事業主に対しては、やはり仕入れ代金として使われるのではないかと考えられてしまいます。

逆に、仕入れを必要としないフリーランスなどは、このような疑いをかけられることはありません。

同じ個人事業主でも融資が認められる場合とそうでない場合があるのは、このような事情があるからではないでしょうか。

ただし、仕入れを必要とする事業を行っているからといって、絶対に融資が認められないわけではありません

借入れに成功できているケースもありますので、審査を受けてみないと分からないのが実情です。

プロミスのフリーキャッシングは事業性資金には使えない

プロミスのフリーキャッシングは、事業性資金を目的に使うことは禁止されています。

「どうせ分からないから」といって事業目的にお金を使ってしまう人もいますが、何かをきっかけにプロミスにバレてしまうと、規約違反で契約が解除されてしまいます。

さらに、契約が解除されるだけでなく、借入残高の一括請求を受けることもありますので、フリーキャシングで事業目的のお金を使うのは控えるようにしてください。

もし、どうしても事業目的にお金を使う必要がある場合は、プロミスの自営者カードローンを選ぶようにしてください。

自営者カードローンなら、事業性資金にもお金を使うことができるうえ、プライベートな目的にも対応できます

個人事業主の限度額は低めに設定される

個人事業主の限度額が低めに設定されることが多いですが、個人事業主だからということではありません。

個人事業主の多くは、サラリーマンよりも収入が低いからです。

例えば、毎月10万円の収入しかなければ、総量規制により、限度額は最高でも40万円までです。

サラリーマンで月収10万円ということはありませんので、どうしてもサラリーマンよりも限度額が低くなってしまいます。

しかし、限度額が低くなる可能性があるとしても、年収の3分の1の限度額は多いと感じるはずです。

月収の4ヶ月分が法律上の上限である年収の3分の1です。

いきなり年収の3分の1の限度額が認められることは少ないですが、限度額が低い事ではなく、借入れのしすぎに注意するべきでしょう

プロミスには個人事業主のための自営者カードローンがある

プロミスには、個人事業主を対象とした「自営者カードローン」が用意されています。

個人事業主としてお仕事をされている方がプロミスに申込むときは、必ず自営者カードローンを選ぶようにしましょう。

自営者カードローンは事業性資金に使える

プロミスの自営者カードローンなら、事業性資金としてもお金を使うことができます。

さらに、日用品の購入や旅行などを目的とする資金にも使うことができるので、一般的なフリーキャッシングよりも自由度が高くなります。

また、自営者カードローンとフリーキャッシングの違いについて興味があると思いますが、基本的には同じものと考えて大丈夫です。

プロミスに提出する書類に若干の違いはありますが、それ以外の点では、ほとんど同じ内容となっています。

上でも少し説明しましたが、フリーキャッシングで事業性資金を目的にお金を使うと、契約解除のリスクがあります。

個人事業主の方がプロミスに申込むときは、自営者カードローンを必ず選ぶようにしてください。

自営者カードローンでいくらまで借りられる?

自営者カードローンの融資の上限額は、300万円までとなっています。

降キャッシングの上限額が500万円であることと比較すると、「限度額が少ない」と感じるかもしれません。

しかし、自営者カードローンの場合は、後で説明する総量規制の影響がありません。

年収の3分の1超の融資でも、法律上は対応可能となっている点に特徴があります

ただし、年収の3分の1を上回る借入れは、やはり借りすぎという印象があるのも事実です。

返済シミュレーションなどを使って返済計画をしっかりと考えるのはもちろん、借入れ後に収入を増やすことも真剣に考えてください

借入れしたお金が返せなくなってしまうと、今よりも厳しい状況に追い込まれるので十分に注意するようにしましょう。

個人事業主への貸付は総量規制の例外になる

プロミスの自営者カードローンは、総量規制の例外に相当する契約です。

総量規制は、貸金業法という法律によって融資の上限額を「年収の3分の1まで」とするものです

総量規制は、貸金業者による過剰な貸付けをさせないようにして、利用者の生計を守るための仕組みです。

総量規制の例外だから良かったではなく、過剰な借入れとならないように自分で注意しなければならないのが自営者カードローンです。

プロミスの審査でも返済の力について時間をかけて調べてもらえますが、自分でも収入と支出をしっかりと把握し、確実に返済できることを確認してから借入れするようにしましょう。

プロミスのフリーキャッシングと自営者カードローンとの違いは?

プロミスのフリーキャッシングと自営者カードローンでは、サービスの内容に大きな違いはありません。

事業性資金としてお金を使うことができるかどうか、ローンの融資の上限額に若干の違いがあるだけです。

自営者カードローンの基本情報

プロミスの自営者カードローンは、最大で300万円までの限度額が設定される個人事業主向けの融資サービスです。

一般のカードローンとは異なり、プライベートな資金に加えて、事業資金にも利用できる点に特徴があります。

また、カードローンの利用という点では、一般のフリーキャッシングと同じように使えます。

カード発行をすれば、提携ATMがあるコンビニで借入れや返済ができるようになり、限度額の上限までは、自由に借入れできます。

一般的なカードローンとの大きな違いは、総量規制の影響がない点です。

年収の3分の1までという制限がないので、自分の意思と判断で借入れするかどうかを決めないといけません

プロミスフリーキャッシングとスペックを比較

プロミスのフリーキャッシングと自営者カードローンのスペックを比較すると、大きな違いがないことが分かります。

例えば、カードローンの金利では、フリーキャッシングが4.5%~17.8%であるのに対し、自営者カードローンは6.3%~17.8%となっています。

金利の最低ラインに違いがあるのは、融資の上限額に違いがあるからです。

フリーキャッシングの上限額が500万円であるのに対し、自営者カードローンは300万円までなので、最低金利に若干の違いが生じているだけです。

また、プロミスのフリーキャッシングは、69歳以下の人を対象としていますが、自営者カードローンは65歳までに制限されています。

返済日や返済方式などは、どちらも同じ内容となっています。

自営者カードローンの審査は甘い?

自営者カードローンの審査基準が甘いということはありません

フリーキャッシングでも同じですが、基本的には、申込みをした人の返済能力に応じた限度額が決められるだけです。

むしろ、自営者カードローンの審査は、フリーキャッシングよりも時間をかけて行われることが多くなります

事業の実態について十分に理解しなければ、融資の限度額を決められないからです。

このように説明すると、自営者カードローンが難しいのかと思うかもしれませんが、返済能力の確認に時間がかかるというだけです。

フリーキャッシングも自営者カードローンも厳密な審査をしていますが、基準に大きな違いがあるということではありません。

自営者カードローンの申込条件と必要な書類

自営者カードローンの申込条件と必要な書類について説明します。

申込条件は、一般的なカードローンと同じですが、用意することになる書類に若干の注意点があるので、ここで確認しておくようにしてください。

申し込み条件

自営者カードローンに申し込めるのは、年齢が20歳以上、65歳以下の個人事業主の方です。

プロミスのフリーキャッシングでは、「安定した収入があること」が条件となっていますが、事業者カードローンでは収入が安定していることは条件となっていません。

ただし、収入が安定していなくても大丈夫ということではなく、農家のように1年を通して収入に波がある方でも申し込めるという意味です。

何カ月も売上が立たないフリーランスなどは、無職と判断されてしまう可能性もないわけではありません。

必要書類

プロミスの自営者カードローンの申込みに必要な書類は、次の2種類となります。

・収入証明書

収入証明書類は、申込みをする本人の年収を証明するためのものです。

プロミスの自営者カードローンでは、「確定申告書」または「青色申告決算書あるいは収支内訳書」のどちらかを提出します。

確定申告書については、証明する年度が前年分のものであることが条件となっています。

確定申告書などの用意ができない場合は、あらかじめプロミスのコールセンターに問い合わせをして、指示に従うようにしてください。

・事業実態を疎明する書類

事業実態を説明するための書類も必要になります。

具体的には、官公庁から発行された営業許可証のようなものです。

営業許可証がない事業の場合は、納品書や領収証、請求書などの書類を用意します。

また、会社を法人にしている場合は、役員報酬の明細などの書類を事業実態を疎明する書類として使えます。

・必要書類は在籍確認もかねる

個人事業主の場合は、在籍確認の手続きに不備が生じます。

個人事業主をしていると言って自宅を勤務先と伝えたとしても、本当に事業を行っているのかが分かりません。

収入証明書類や事業の実態を明らかにする書類は、在籍確認という意味合いもあります。

書類の用意に少し時間がかかるかもしれませんが、必ず提出することになりますので、早めに用意しておくと良いでしょう。

固定電話は必須ではないが、ある方が望ましい

固定電話の有無については、プロミスの自営者カードローンの説明では、とくに触れられていません。

固定電話があるに越したことはありませんが、なければ携帯電話の番号を審査項目で伝えるようにしてください

逆に、固定電話があってNTTの電話帳に記載されている場合は、それが事業に実体がある証拠にもなります。

プロミスとしては、個人事業主の申込み者の事業に実態があり、しっかりと収入があることを確認したいだけなので、固定電話について神経質になる必要はありません

自営者カードローンの申込方法と借入までの流れ

自営者カードローンの申込みでは、申込方法に特徴があります。

審査が終了してからは、フリーキャッシングと同様のサービスが受けられます。

WEB申込みはできない?!

自営者カードローンの申込みは、プロミスの自動契約機、電話、店頭窓口、郵送のいずれかになります。

フリーキャッシングは、プロミスのホームページから申込みができますが、自営者カードローンはインターネットでの申込みを受付ていません。

自営者カードローンのインターネット申込みを受け付けていないのは、個人事業主の人柄をしっかりと確認したいからではないでしょうか。

そのような可能性も考えて、電話などで申込むときは、落ち着いて礼儀ある態度で対応しましょう。

借入や返済はATMを利用

自営者カードローンでの借入れや返済は、プロミスのATMと提携ATMを利用するのが便利です。

提携ATMは、セブン銀行ATMやローソンATM、ファミリーマートに設置してあるATMが使えます。

一般的な銀行のローンとは異なり、銀行のATMに並ぶ必要がないのが便利です。

また、プロミスのカードの受取りは、フリーキャッシングの申込みと同様に無人契約機で行います

プロミス以外に個人事業主が使えるビジネスローンってある?

個人事業主が申し込めるキャッシングは、意外と多くあります。

ビジネスローンとしてサービスを提供している金融機関も多くありますし、大手の消費者金融や銀行のサービスもあります。

例えば、消費者金融のノーローンでは、プロミスの事業者カードローンと同様、限度額最高300万円までを条件に個人事業主に融資しています。

また、大手消費者金融のアコムでも「ビジネスサポートカードローン」という名前のサービスで個人事業主に対して融資を行っています

一般に個人事業主のキャッシングは不利だと言われていますが、個人事業主だからダメということではありません。

収入が安定していて、一定以上の収入があると判断されれば、個人事業主でも借入れできます

 

コメントを残す




関連記事