プロミス審査EXP

審査

【プロミス審査の流れ】イマイチよくわからない!お金を手にするまでを解説

プロミスの審査の流れは、申込手続の完了後、一次審査と二次審査が行われ、その後、審査結果の回答の連絡を受けたら基本的には終了します。

審査結果の回答を受けてからは、契約の手続きと借入の手続きをしますが、申込みの方法により若干の違いがありますので、しっかりと確認しておくようにしましょう。

プロミスの審査の流れ

プロミスの審査の流れは、審査の申込みをしてから一次審査と二次審査が行われた後、プロミスから審査結果の連絡があります。

その後、プロミスとの契約手続きを済ませれば、借入限度額を上限にお金が借りられるようになります。

プロミスの審査は、申込み手続きの完了から最短30分で回答の連絡があると説明されています。

しかし、審査が混雑していることも多くなるので、できるだけ早めに申込みを済ませておくことが大切です。

申込時に必要になる提出書類

プロミスの審査申込みで必要になる書類は、本人確認書類と収入証明書類の2種類です。

本人確認書類というのは、審査に申込みをした本人であることを確認するために使うもので、運転免許証やパスポートなどのことです。

収入証明書類については、すべての人が用意しなければならないものではありません。

希望額が50万円以下の人は、原則として収入証明書類なしで申し込めます

収入証明書類を用意する場合は、源泉徴収票や確定申告書、給与明細書(直近2ヶ月分)などを用意します。

収入証明書類の用意に時間がかかることもあるので、できるだけ早めに書類の準備をしておくようにしましょう。

申込み方法の種類

プロミスの申込み方法の種類には、WEB、自動契約機、店頭窓口、プロミスコール、郵送の5種類があります。

・WEB

WEB申込みは、プロミスの公式サイトから申込む方法です。

パソコンやスマートフォンを使ってプロミスの公式サイトにアクセスして、画面の案内にしたがって審査項目を入力していきます。

・自動契約機

自動契約機の申込み方法は、プロミスの自動契約機がある場所まで行って、そこで審査に必要な項目を入力して申込みをします

入力項目は、WEB申込みと同じ内容になりますので、わざわざ自動契約機がある場所まで行かなければならない点がデメリットになります。

・店頭窓口

店頭窓口からの申込みは、プロミスのお客さまサービスプラザで手続きをする方法です。

プロミスの社員と対面しなければなりませんので、人目が気になるという方は選ばない方がいいでしょう。

・プロミスコール

プロミスコールによる申込みは、電話で申込む方法のことです。

口頭で審査項目について1つずつ伝えていかなければならないので、時間がかかってしまい、正確に伝えるのが困難になることが問題となります。

・郵送

郵送による申込む方法も用意されています。

この方法は、まず申込み書類をプロミスに頼んで郵送してもらい、それをプロミスに返送します。

とても時間がかかり、わざわざ書類に書き込まなければいけないので、郵送で申込む人はほとんどいません。

一次審査で書類と属性をチェック

プロミスの一次審査では、主に申込みをした本人についての情報について確認し、スコアリングシステムで評価をするということが行われます。

・申込時の申告内容の確認

プロミスの申込み時に入力した申告内容は、そのまま審査項目の評価に使われます。

名前や住所などに間違いがあれば、この段階ですべてはじかれて審査落ちとなります。

・提出書類の確認

本人確認書類などの提出書類について確認が行われます。

公的な書類に間違いなく、偽造されたものではないことを確認し、申込み時に入力した内容と一致しているかの確認も行われます。

・信用情報の確認

信用情報機関に問い合わせを行い、申込みをした人の個人信用情報を取り寄せます

取り寄せた個人信用情報をスコアリングシステムに入力して、一次審査の結果が決ります。

二次審査で実際に連絡してチェック

プロミスの二次審査では、本人確認の電話と在籍確認の手続きが行われます。

・本人確認の電話

プロミスの本人確認の電話は、申込みをした本人に間違いないことと、申込みの意思があることを確認するために行います

・在籍確認

本人確認の電話が済むと、勤務先に在籍確認の電話がオペレーターによってかけられます。

在籍確認は、申込みをした本人が不在でも手続きが完了しますが、勤務先が休日の場合は翌営業日以降に在籍確認をすることになります。

・利用限度額の決定

本人確認と在籍確認に問題がなければ、最終的なプロミスの利用限度額が決定されます。

利用限度額は、契約上の融資が可能な契約極度額とカードの利用限度額の2種類について決められます。

利用限度額が決まったら、プロミスから審査結果の回答として連絡があります。

審査結果の連絡と契約

審査結果の連絡は、電話か電子メールで行われます。

連絡の手段は、プロミスに申込みをするときに希望を伝えられるので、都合の良い方を選べます。

プロミスからの審査結果の連絡は、最短30分であると説明されていますが、実際は45分~1時間近くかかることもあります。

できるだけ早くお金を受け取りたいときは、審査をすぐに始めてもらうために申込みを急ぐということが必要です。

なお、審査結果の連絡を受けてからは、プロミスカードの受取りと契約の手続きが必要です。

プロミスのカードは、最寄りの自動契約機で受け取りができますので、そこでカードの受取りと最終的な契約の手続きを済ませられます。

プロミスの審査時間ってどれくらいかかる?

プロミスの審査にかかる時間は、「最短30分」という説明ですが、30分~1時間くらいかかる場合があります。

審査自体は非常に迅速に行われているのですが、審査が混雑していることが多いからです。

また、在籍確認に時間がかかってしまうと、その分だけ審査時間を多く必要としてしまいます

スムーズに在籍確認ができるかどうかも、迅速な借入れには必要なことです。

プロミスの審査時間は他社より早い?

プロミスの審査にかかる時間は、カードローンを提供する会社の中では非常に早いほうです。

大手の消費者金融で最短30分で審査が終了するところもありますが、銀行のカードローンなどは、1週間以上かかるケースも多くなります。

審査時間が早いことのメリットは、審査結果の回答を待つ間のストレスが少ないことです。

希望どおりのお金が借りれるかと心配している時間が長いほど、イライラしてしまい落ち着いていられなくなります。

また、プロミスの審査は、土日や祭日も最短30分で行われています。

土日や祭日に審査をしない金融機関も多くありますので、土日や祭日でも審査ができるのもプロミスの迅速な融資に貢献しているものと思われます。

即日融資を受ける方法と条件とは?

プロミスで即日融資を受けたい場合は、必要になる書類を早急に用意して、申込みを早く済ませることが重要です。

プロミスの申込みで必要になる書類は、申し込んだ本人に間違いないことを証明するための本人確認書類です。

本人確認書類は、運転免許証や住民基本台帳カードなどの顔写真付きの身分証明書のことです。

年収を証明する書類については、希望額が50万円以下の場合は原則として不要です。

50万円を上回る借入れを希望しているときは、源泉徴収票や確定申告書の写しなど、年収を証明する書類も用意しておいてください。

なお、即日融資を実現するためには、申し込んだその日のうちに在籍確認ができることも必要です。

勤務先に誰か人がいて電話に出れる状況なら、即日融資となる可能性も高くなります。

超気になる在籍確認ってどんな確認?

在籍確認の手続きは、申込みのときに伝えたお勤め先の情報に間違いがないことを確認するための手続きです。

勤務先の情報に間違いがあると、融資できる金額も変わってきますので、絶対に避けることができない手続きです。

在籍確認の手続きに不安を感じるかもしれませんが、勤務先の同僚にプロミスに申込みしたことがバレる心配はありません。

オペレーターが個人名で電話をかけてくれるので、プロミスからの電話だとは分からない仕組みになっています。

具体的な在籍確認の流れ

プロミスの在籍確認の手続きは、事前に本人確認の電話で「○分後に在籍確認の電話をします」と伝えられます。

そして、実際にオペレーターが勤務先に電話をかけて「○○さんをお願いします。」とあなたを呼び出すように伝えられます。

この際、「本日は、休暇をいただいております。」といった内容の返答があれば、それで在籍確認が終了します。

本人が不在でも在籍していることが確認できるので、勤務中に申し込まなければならないということはありません

なお、勤務先に電話がつながらないときは、時間を置いてあらためて電話がかけられます。

いつまでも電話がつながらないと審査が打ち切りになることもありますので、事前に電話がつながりやすい時間帯をオペレーターに伝えておくのもおすすめです。

プロミスの在籍確認は審査のどのタイミング?

プロミスの在籍確認の手続きは、審査の最終段階で行われています。

一次審査で信用情報機関のデータと入力した審査項目ついて確認がとられ、本人確認と申し込みの意思を確認してから在籍確認を行います

在籍確認の手続きが最後にあることで、融資ができない人には在籍確認の手続きが省けるメリットがあります。

誰でも勤務先に電話がかけられることに不安を感じますので、融資が見込める人にだけ在籍確認をしているということです。

通常は、在籍確認の手続きまで行けば、概ね融資が受けられる見込みがあると考えられます。

在籍確認でよほどのことがない限りは、審査落ちになることは少ないでしょう。

電話での在籍確認で審査落ちすることがある!?

在籍確認の手続きまでいって審査落ちになるケースは、ウソの勤務先を申告した場合と電話番号が間違っているときが多くなります。

まず、プロミスの申込みで勤務先にウソの情報を入力してしまうと、在籍確認の手続きで必ずバレてしまい、審査にも落ちます

また、勤務先の電話番号を間違えて伝えてしまうと、在籍確認の手続きができなくなります。

正確な電話番号を伝え直してすむこともありますが、審査落ちになってしまうケースも多くなります。

このことから分かるように、勤務先の情報はプロミスに正確に伝えることが大切です。

うっかりでも間違えた電話番号などを伝えてしまうと、審査に落ちてしまうこともあるので十分に注意するようにしてください。

銀行カードローンも保証会社はプロミスってほんと?

銀行カードローンの保証会社がプロミスになっていることがあります。

正確には、プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスという名前の会社です。

プロミスが銀行カードローンの保証会社になっているのは、これまでの豊富な融資の実績があるからです。

銀行がカードローンのサービスを提供していることもありますが、消費者金融と比べると歴史が浅いのが特徴です。

融資を決める際には、正確な返済能力を把握する必要がありますが、歴史が浅い銀行は正確な審査をすることができません。

そのため、プロミスなどのような消費者金融に保証会社になってもらい、プロミスが保証できる人に限ってカードローンのサービスを提供しています。

プロミスの審査の流れをおさらい!

プロミスの審査は、申込手続さえ済ませれば、あとは自動的に手続きが進みます。

書類の提出もありますが、通常は運転免許証だけを用意すれば十分です。

プロミスには、カードを発行してもらう通常の申込みとカードレスで融資を受けるWEB完結の申込み方法があります。

それぞれの審査の流れについて理解し、自分に合った方を選ぶようにしてください。

通常のWeb申込みの流れ

通常のWEB申込みは、インターネットから申込みを済ませて、審査が終了したら自動契約機でカードを受取るという流れになります。

申込みから審査終了までは、上で説明したように最短30分で手続きが完了します。

自動契約機でのカード発行は、ほんの数分で済ませられますが、自動契約機がどこにあるのか分からないと時間を無駄にしてしまいます。

プロミスの自動契約機は、全国各地に設置されていますので、まずは、今いる場所から最も近い自動契約機の位置について確認することをおすすめします。

なお、自動契約機は24時間いつでも使えるわけではありません。

営業時間が決められていますので、営業時間内にカードを受取らないといけない点にも注意するようにしましょう。

Web完結の流れ

プロミスにWEB完結で申込みをする場合は、審査が終了した後の手続きに特徴があります。

自動契約機がある場所まで行く必要はなく、プロミスの会員専用サイトで手続きを済ませます。

まず、プロミスとの契約手続きを画面の案内にしたがって済ませます。契約ができたら、会員専用サイトから借入れの手続きを行えば、いつでも自分の銀行口座にお金を振込んでくれます。

申込みから契約まですべてがWEB上で済ませられますが、プロミスが指定する銀行口座があり、インターネットバンキングを利用していることが前提となります。

利用できる銀行口座は、プロミスのサイトに記載されていますので、十分に確認してから申込みをするようにしましょう。

 

コメントを残す




関連記事